Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Channel Description:

八戸市に関する話題について。

older | 1 | .... | 15 | 16 | (Page 17) | 18 | newer

    0 0
  • 07/21/14--21:57: 酒は良きもの
  • 某月某日。
    友人と酒を飲んだ。
    痛飲した。
    遅く帰った。
    相方にこっぴどく怒られた。
    ひたすら謝った。
    そして、二日酔いになった。
    ごますりのため朝飯を作った。
    スクランブルエッグが炒り卵になってしまった。

    某月某日。
    前回はしばらくぶりの二日酔い。
    久しぶりに会う友人と楽しく飲んだ。
    仕事のことやら酒を飲みながら酒の話をしたりその他いろいろ。
    この日はギリギリ日付が変わる前に帰宅した。
    どうせなら締めのラーメンを食べたかった・・・。



    某月某日。
    この日は飲み会の話ではなく、某町に出かけたときの話。
    以前友人と入り、とても美味しかった食堂が定休日。
    他に飲食店はない。
    唯一開いていたそば屋さんに入った。
    駐車場も満杯。
    店内も満杯。
    新聞に載ったという切り抜きも張ってある。
    これは期待できそうだ。
    しばらく待たされて出てきたのは冷や麦より太く、うどんより細いそばだった。
    するすると飲み込めそうなものではない。
    硬い。
    何度もかまないと食べられない代物。
    はっきり言って、「不味い」。
    つゆもスーパーで売ってるものと良く似た味。
    まさか、そこまでは、ね。
    しかも、そばの端っこが割り箸状に大きかったりする。
    常連客もいるようだが、この歯ごたえがうけているのだろうか?
    歯ごたえのあるそばと歯ごたえのない冷麺。
    どっちがいいんだろう?
    口直しに二日酔いになるまで酒を飲みたくなった。
    飲んで全てを忘れたい、そんなある日の午後だった。

    なんにせよ、酒のありがたさを痛感した数週間だった。

    0 0
  • 07/23/14--18:55: 糠塚きゅうり
  • 今年も美味しい糠塚きゅうり。
    年に一回は食べないと気が済まないものの一つだ。
    本当は皮を剥かないで食べたいのだが・・・。


    0 0

    八戸藩開藩350年・お薦めの本。
    「八戸藩の歴史をたずねて」
    (三浦忠司)
    読み物的に楽しく読むことが出来る本だ。


    0 0

    夜の街角を撮った写真を見て、「色かぶりが残念だ」と指摘した人がいた。
    色かぶりは覚悟の上。
    私はフィルム時代はデーライトフィルムオンリーで撮っていたし、デジカメでもWBは太陽光がほとんどだ。

    ニコンのカメラとレンズで撮影した(と説明書き付)写真を見て、「ニッコールレンズの写り・・・」とうんちくを披露した人がいた。
    同じ写真をコンタックスのカメラとレンズで撮影したと説明しても「ニッコールレンズの写り」と語ってくれたのだろうか?

    うんちくを拝聴するのも疲れるものだ。

    酒を飲んでいたら、なぜかこういう微妙な思い出がよみがえってしまった。

    少々悪い飲み方をしたのかも知れない。

    0 0
  • 07/25/14--17:09: モバイルギア
  • モバイルギアMC−MK32は1996年にNECから発売されたモバイルツールだ。

    電源は単3電池、電子メールにワープロ、表計算、パソコン通信、画像ビューアなどのソフトがあり、モデムが内蔵、小型軽量でキーボードも何とかブラインドタッチができる大きさ、何かと長宝していた。

    グレ電とモジュラーケーブルで繋ぐとパソコン通信やメールの送信が可能。
    旅先や出張先等でグレ電に繋ぎ、NIFTY−Serveでパソ通を楽しんだのが懐かしく思い出される。
    ブログを始めるまではホームページを開いていて、記事作成のため旅先や移動中の特急内でせっせと入力していたもだ。

    他にもカシオのカシオペアやPalmマシン等を使った一番使いやすかったのはこのモバイルギアだった。

    今でもテキストエディタ代わりに使うことがある。


    写真ではわかりにくいが、何年か前に発売されたネットブックよりもはるかに小さい。

    0 0

    八戸大橋をあるく(その3)。












    0 0

    八戸大橋を歩く(その4)。










    0 0
  • 07/27/14--22:18: Cub
  • 最近のお気に入り・Cub。


    0 0

    八戸藩開藩350年・お薦めの本。
    「八戸藩「遠山家日記」の時代」。
    (三浦忠司)八戸藩の上級武士・遠山家の日記をわかりやすく解説した本だ。



    0 0

    八戸藩開藩350年・お薦めの本。
    「新編八戸市史通史編II近世」
    (八戸市)
    値段も中身もボリュームがあるが、八戸の江戸時代を知るにはお薦めの一冊だ。


    0 0

    八戸藩開藩350年・お薦めの本。
    「八戸藩〜大名の江戸と国元〜」
    (八戸市博物館)
    以前から発売されている冊子。
    八戸市博物館で入手出来る。


    0 0

    八戸藩開藩350年・お薦めの本。
    「八戸郷土誌」
    (沼館愛三)
    陸軍軍人であった著者が独自の視点で調査・研究した一冊。
    南部諸城の研究の元になった部分もある。


    0 0
  • 08/03/14--13:52: 三社大祭
  • うまく休みに重なったような重ならなかったような三社大祭。

    まだ祭りは続いているようだが、私にとってはもう終わったような気分だ。

    昔の山車が懐かしいと思いながら、山車見物よりは生ビールだ焼きそばだと祭り気分を満喫。

    ステージでのセーリングのライブに気分は上々。

    ネパール焼きそばがとても美味しかった夜だった。




    山車はちらりと見た程度だった。


    やっぱり生ビールがいい。


    この日一番はネパール焼きそば。
    スパイスが効いて癖になる味だった。


    定番お好み焼き。

    0 0
  • 08/18/14--16:42: お盆
  • 今年もお盆が始まったと思ったら、あっという間に終わってしまう。
    気がつけば正月が来るのだろう。

    お盆の朝、目が覚めたらきれいな朝顔が咲いていた。
    お盆だから咲いていた訳ではないが・・・。


    人が集まれば、酒とごちそう。
    ちょっと贅沢に寿司を食べた。


    家族は一番搾りを飲み、私はハイネケンを飲む。
    ハイネケンをどうしても飲みたくて探し回り、ようやく常温保管されていたのを探し当てた。




    ビールの後はワインや日本酒を。
    日本酒も自分の好みで陸奥八仙を飲んだ。


    とりあえずお盆前半戦。
    飲んで食べてばかりの時間が過ぎている。

    0 0
  • 09/03/14--01:45: 8月の歩行者天国
  • 久しぶりに歩行者天国へ行って来た。

    今回のメインイベントは様々な車の展示だったようだ。

    懐かしい青ナンバーの車や、写真でしか見たことのない車等・・・。

    歩行者天国といってもいろんな企画をしているものなのだな、と感心した。


    かき氷が美味しそうな暑さだった。


    貫禄がある。


    メッサーシュミットというと戦闘機を思い出してしまう。


    運転というより操縦という言葉が似合いそうだ。

    0 0
  • 09/06/14--03:11:
  • いつの間にか栗の実がなっていた。
    今年も秋味が美味しい。
    気がつけば秋が来ている。


    0 0
  • 09/13/14--09:16: 秋祭り
  • 秋限定のビールが出たと思ったら秋祭りもやってきた。
    力強い夏祭りもいいけど、少しおとなしい秋祭りの方が好きなお年頃だ。

    もっと祭りらしい写真を載せたかったのだが、人が写っていない写真の方が無難だろうと判断し、例によってこんな感じになった。




    0 0

    売市の袋小路を歩いていくと桜木町のグランドに突き当たる。
    桜木町のバス停前を東へ進み、細い道を左折する。
    一方通行の細い道の辺りは、中心街に近い割には静かな、昔ながらの城下町の雰囲気を残している。
    地図で見るとこの辺りの地名は下屋敷。
    地名の由来は定かではないが、すぐ隣の稲荷町は武家地だったのでなにかその辺りに由来があるのだろうか。
    細い道の右手は高台で、まるで中世城館のような崖となっている。
    八戸の城下町以前に何があったのかは分からないが、売市堤(長根堤)に面しているので、藩政時代の八戸城下の防備を知る上では面白いと思う。
    崖の上には石塔とお社らしい建物が見えていた。




    0 0
  • 09/22/14--00:34: 展望回廊からの眺め
  • 八戸市庁舎の10階にある、展望回廊。
    グレットタワーや水産会館の展望台と並んで八戸市内を眺めるには最高の場所だ。














    0 0
  • 09/22/14--21:48: 水門
  • 水門下由来の水門。
    ここから右水門下、左水門下の地名が始まる。


older | 1 | .... | 15 | 16 | (Page 17) | 18 | newer